【3.生きている理由】

人はなぜ生きるのでしょうか。

人はなぜ生きなければならないのでしょうか。

生きていることに何か理由があるのでしょうか。

この問題はとても重大であり、かつ不可解なものであると思います。
世の中には、「人間の生きている理由」について色々な考えがあります。
不可解であるがゆえに、その疑問に対する答えも人によって異なります。

しかし、どの答えが本物なのでしょうか。どの答えが正解なのでしょうか。
もしかしたら、全ての答えは間違っているのかもしれません。
そもそも正解などないかもしれません。
最終的には、自分なりにこれが正しいと決めるしかないのかもしれません。

私は契山館に入り、霊魂学を学び、修業途中の現段階で言えるのは
「はっきりとは分からない」ということです。

つまり、肉の頭で考えても人間の根本に関わるような重大で深遠な疑問に対する答えなど分かるはずがないということです。

この長い人類の歴史の中で、人はこの問題について考えてきましたが、肉の頭で考えている限り、
そのような人間の本質に係る問題は解決しないのだと思います。

では、どうすればその答えが分かるのでしょうか。

そのためには、肉体ではない何かを使うしか解決方法がないと思います。
それが人間の霊的身体なのかもしれません。

なぜ自分が生きているのか。

それは肉の脳で考えている限り、「永遠の謎」となってしまうのです。