【契山館に入会した経緯】

私が契山館に入した経緯についてお話します。


私は幼少の頃から霊的なことにある程度の興味をもっていました。

その主な理由は、親戚に霊能力者(以下、Aさん)がいたからです。

たまに親戚同士の集まりでAさんに会うと、Aさんは霊能力の話をしてくれました。

霊能力で人の体調を言い当てたり、 将来のことを予言しているのを私は目にしてきました。

私から見てAさんは大変真面目な方でした。
決して威張ったりせず、謙虚で好印象な霊能力者でした。
そしてAさんの霊能力は本当に当たる事が多かったのです。

こういうことがありました。
私の家族の一人(以下、Bさん)を霊能力で見て、「Bさんは近く目に不調をきたすかもしれないから気を付けてください。」とAさんは言いました。Bさんはその時点では健康そのもので目の病気をしたこともなかったので、Bさん自身も私もAさんの発言に半信半疑でした。

しかし、その半年後にBさんは本当に目に不調をきたし、入院したのでした。


また、他にもこんなことがありました。Aさんが車を運転しているとき、いつも通っている道を通り抜けようとしたら「この道は何か嫌な感じがする。他の道を通りましょう。」とAさんは言いました。そして、いつも通る道を避けて他の道を通っていたら、直後にその避けた道で車の衝突事故が起こったのです。

他にも色々な霊能力の力により、私は霊魂や霊能力の存在をなんとなく信じてきました。

霊魂の存在や霊能力を信じる一方で、疑念もありました。
それはAさんがよくやっていた「未来予知」というものです。
Aさんはよく霊能力で未来を予知して、色々と人にアドバイスをしていたのです。「○○さんはあと数年後には家を出て東京の方に出て成功する。」や「伊衛門君(私)は将来△△になるだろう。」等です。

Aさんの言うことは確かに当たっていることが多かったのですが、そのような未来予知は本当に実現するのか?と私は疑問を持ちました。

例えば、自分の将来を予言されてそれを知ってしまった場合、あえてその方向に進まなければ未来予知は外れてしまうのではないだろうか?と疑問に思ったのです。

そういった疑念を抱えたまま月日が過ぎ、Aさんの未来予知は外れることとなりました。やはり、未来予知など当たるはずがないと私は思いました。

その後、私はAさんの未来予知を信じなくなりました。
しかし、霊能力の存在は確信がありました。なぜ他のことは霊能力で言い当てたりすることができたのだろうか?何かAさんに原因があるのではないのか?と私は疑問に思いました。

疑問を持ちつつ、インターネットで色々と検索しているときに出会ったのが水波一郎師の書籍でした。そこには私が今まで色々と霊能力や霊魂について疑問に思っていたことの答えが載っていました。私はこの本を読んで「すごい!」と思いました。

この著者の方はただの霊能力者ではないと感じました。
そして一週間ほど契山館の関連ページを見て決意しました。
「私がずっとずっと抱えてきた様々な疑問の答えをこの著者の方は知っている。この方から学ぶには契山館という団体に入ればよいのか・・・しかし契山館という団体は宗教団体であり入るのは正直怖い。しかし真実を知ることができるのであれば見逃すわけにはいかない。今まで誰一人として教えてくれなかった真実がそこにあるのなら、入るべきだ。」

そう決意して手紙を送って入会したのでした。